シリコーン工業会

建築用保護材

シリコーンの高い撥水性と長期耐候性の性質を利用して、シリコーンは、褪色を防ぐ建築用コーティング、屋根の防水処理、タンクの保護コーティングなど幅広く建築用保護材として使用されています。

また、コンクリート、軽量気泡コンクリート(ALC)、石材などの表面を保護するために開発された撥水コーティングは、橋梁や商業用ビルなどの建設に用いられています。

シーラント

シリコーン・シーラントは、弾力性に富み、高温・低温に耐え、オゾンによる劣化や紫外線に耐えるなどの優れた特性を持っています。そのため、高機能のグレージング材として、また、シーリング材として、建築基材をはじめ、さまざまな建築分野で使われています。

例えば、シリコーン・シーラントは、屋根などにみられるトップライトとフレームの接着に、水槽の防水・水漏れ対策に、また、生産性の良さから複層ガラスの2次シール材など幅広く使われています。

ハイテック産業には欠かせないクリーンルームでも、特殊仕様のシリコーン・シーラントとシリコーン・ゲルが活躍しています。

一般家庭でも、熱や湿気がこもりやすい風呂場や台所で、カビを防ぐ特性を持つシリコーン・シーラントがシーリング材として用いられています。

その他

建築用ガスケット

ガラスと窓枠などを接合する建築用ガスケットに、シリコーンゴムがたくさん使われています。その理由は、シリコーン本来の優れた性質に加え、いろいろな色に、また、自由に加工形成しやすいなどの特徴を持っています。デザイン性に優れ、工期短縮にも役立ち、高い技術信頼性が求められる高層ビルの建築に欠かせないものになっています。

シリコーン工業会
〒105-0004 東京都港区新橋 1-16-6 新橋柳屋ビル
TEL 03-3592-1671
 
Copyright © SIAJ, All Rights Reserved.